読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リプ子の不妊治療

平成26年12月より不妊治療スタート、平成27年に顕微授精により妊娠し平成28年5月出産

リプロダクションクリニック大阪

そうだ! 不妊治療専門クリニックに行こう‼︎

そう覚悟できたのも、非効率な産婦人科に通ったおかげで決断できたのかもしれない。

これは28歳の12月でした。 いま妊娠しても産まれるのは29歳の10月。 30歳までに産みたい。そう思ってた私にはもう時間がなく、焦りに焦っていました。

どこに行こうか、まだ20代で(28歳の終わり)周りも不妊に悩んでる友達も行かなかったから情報は0

ネットの検索で私の条件にぴったりな病院を見つけました!その名も「リプロダクションクリニック大阪」です。 http://www.reposaka.jp/

リプロダクションクリニック大阪の素晴らしいところ‼︎

1.場所は梅田のグランフロント南館

⚫️仕事帰りにでもJR線を利用してる人はかなり行きやすい、土日にもお出かけ感覚で行けるし、待ち時間も快適に過ごせるから❤️

2.土日祝やっていて平日も遅くまでやってる

⚫️女性の身体に合わせて日にちを決めて行くから「明日きてください。」と言われた時も仕事帰りによれる時間まで病院が空いてることが条件だったから。火、水、木、金は受付が19時までいける‼︎中々、地元の病院だったりするとこんな時間まで空いてませんよ‼︎

⚫️女性の身体は休日なんてないのに病院都合で土日祝休みできちっと見てくれない病院は嫌だと思ったから

3.優秀で有名な男性不妊専門の先生がいる

⚫️この病院は女性だけみても方針は決めれないという考え方。男性の検査もして夫婦の不妊の原因を見つけて方針を決めてくれる‼︎←ここは素晴らしい🌟

4.めちゃくちゃ綺麗で病院じゃないみたい

⚫️有名な女性不妊専門の松林先生と男性不妊専門の石川先生が立ち上げた新しい病院でスタイリッシュな病院。病院内も良い香りがしてます。病院ぽくないので男性も行きやすいです。 妊婦さん、子供は立ち入り禁止、気持ちよく過ごす事が出来る。

1から4の点に感銘してここに通うことに決めました。

しかし、ここからが長い辛い不妊治療の戦いが始まりました。